前立腺肥大の対処方法






前立腺肥大の対処方法

年齢とともに体の機能が衰えてしまうことは仕方のないことです。30代や40代ではあまりみられないですが、50代を過ぎたころになってくると多くの人が悩まされる病気があります。それが前立腺肥大です。前立腺というのは膀胱の下にあり、その中を尿道が通っています。はっきりとした原因は特定されていない状態ですが、年齢の増加とともに前立腺が肥大してしまい中を通っている尿道を圧迫してしまうため、排尿に関するトラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

症状に関して

症状に関して

症状に関していうと、まず頻尿が起こります。原因は、前立腺が肥大するとそれに応じて尿道などを圧迫してしまいます。圧迫されることで刺激を受けるので、頻繁に尿意をもよおすようになります。ただし膀胱の中には量は十分に溜まっておらず、実際にお手洗いに行っても尿はあまり出ないという状況です。夜に起きてトイレに行く回数は増えても行くとそんなに出ない、勢い自体も弱くなったり、尿意を覚えて行ってもすぐに出なかったりと様々な症状も見られます。その状態が続くことで、尿をしたあとも残尿感が残るようになってしまうことや、狭くなった尿道から尿が一気に出ようとすると強い尿意を感じることや、排尿する際に痛みを感じることもあります。また排尿をしたつもりなのに尿道に残っている尿が出て漏れてしまうこともあります。

どんな治療があるか

どんな治療があるか

治療には、投薬と手術と保存の3つがあります。前立腺を小さくするタイプと、男性ホルモンの作用を抑えるタイプの大きく分けて2タイプの薬があります。それでも改善が見られなかった場合は手術のよる治療になります。手術ではなく生活の改善や症状の緩和に良いとされることを続けていく治療もあります。

改善するためにできること

改善するためにできること

現在社会において食生活はさまざまな病気の原因となる場合も多いですが、改善することによって予防になることもあります。ファーストフードやステーキにハンバーガーやスパゲッティなど食の欧米化によって、メタボリックシンドロームや生活習慣病などを引きおこす可能性は年々上がってきております。ではどんな食事がいいのかというと、日本人の原点の昔ながらの和食が一番です。ごはん主体の主食に合わせて魚料理が多い主菜と、野菜は豆腐や豆などの副菜とお味噌汁。シンプルですがそれが一番です。