カウパー腺について






カウパー腺について

カウパー腺と聞いてすぐになにかわかる人は残念ながら少ないかなと思います。一般的には我慢汁がでると言えばすぐにピンとくるのではないでしょうか?ではなぜそのように呼ばれているのかと言いますと、そのまますぎて面白くもなんともないのですが、イギリスで外科医だったウィリアム・カウパーさんがこの我慢汁について研究し、そのことが評価されたことから名前をとりました。世の男性なら皆が関心をもつといっても過言ではないカウパー腺液、カウパーさんは自分の名前をつけてもらってそれがずっと発せられ、時に話題になることをどのように感じているのでしょうか。ここまで述べてきましたが、実際にどのようなものでどのような効能があるのかなどは知られていないと思います。ここでは実際に紹介していきたいと思います。

カウパー腺液とは。

カウパー腺液とは

まずカウパー腺とはどこにあるかと言いますと、尿道海綿体と前立腺のクラッチ部分にある左右で1対の球の形をした袋のような器官で、そのまま尿道へとつながっています。ここで無色透明のぬめぬめっとした感じの粘り気を感じられるアルカリ性のカウパー腺液が生成されます。ではなぜ我慢汁と呼ばれているのかは、性的に興奮した際に先に分泌されるものでここにはちゃんとした意味があります。尿道は基本的に普段は外部から侵入してくる細菌などから守るために酸性に保たれています。カウパー腺液はその状態からアルカリ性に変えるために働きかけ、また女性の膣内でも同様に作用するほか、挿入した際に粘り気が摩擦を防ぐ役割も果たします。

よくある質問。

よくある質問

ネットで調べると相談などの書き込みがほんとによく出てくるのですが、我慢汁で妊娠しますかという悩みが男女問わずに質問されております。本来は我慢汁には精子は含まれておりません。ただし来るべき射精にそなえるためにペニスが勃起し性的に興奮を感じているときは、我慢汁が出ているその段階で精子が含まれることがあるので、ゴムをつけないで生でした場合は、妊娠してしまう可能性が100%ないとは言い切れないと思います。