陰嚢湿疹の対処方法






陰嚢湿疹の対処方法

男性にとってはとっても大切なものである金玉、とそれを包んでいる玉袋。玉袋のことを正式には陰嚢(いんのう)といいます。たまにむしょーにかゆくなってかく。かくとすごい気持ちいい。またかいてしまう。今度はかきすぎて痛くなってしまう、かさかさと乾燥してしまう。ここまでいくと自分でもさすがになにかの病気?もしかして性病?!なにか薬使ったほうがいいよなー。でもさすがにこんなことで病院行くのは恥ずかしくて気が引けるよな。まぁそのままほっとけば治るかもしれないしまぁいっかと甘い期待を抱いてみる。そうして症状がより悪い方へ進んでしまうという悪循環に陥る。あると思います。薬を選んだり病院に行ったりする前にある程度の知識として参考になるように一度まとめてみます。

陰嚢(いんのう)湿疹とは。

陰嚢湿疹の対処方法

男性でも女性でも同様になる可能性がある陰嚢(いんのう)湿疹。かゆくなってしまう原因が実はまだよく解明されていません。ただし、名前が似ているいんきんたむしとは違って菌による感染症ではありません。また性病などでもありませんのでまずは安心してください。症状としては、かゆみが非常に強くなりかきすぎてしまうことによって、皮膚が傷ついてしまい、赤みが強くなってしまったり血が出てしまったり、乾燥してかさかさになってしまう、また膿がでてにおいがきつくなるなどが考えられます。

対策は。

陰嚢湿疹の対処方法

陰嚢(いんのう)湿疹になりかゆみが長引いてしまう理由として考えられるのは、まずある場所が外気や光にふれにくい場所で汗などをかくことによって蒸れやすい。デリケートな部分の悩みなので自己判断で薬を決め用法や容量を守っていない。そのことによってより免疫力が下がってしまい悪化してしまう。また人前でかけないことがよりストレスになってしまいかけるときにかきすぎてしまうなどが主な理由です。

湿疹の原因は免疫力の低下などが影響していると思います。重度の場合はステロイド剤の使用をすすめられますが、場所が場所なので長期的に使用してしまうと体への影響も考えられます。まずは環境の改善や生活習慣の見直しを考えてみるといいでしょう。通気性のいい下着を選んでみたり、清潔に保つようにしたり、飲酒や喫煙や添加物の大量摂取などによってかゆみが強まることもあるので控えたほうがいいでしょう。睡眠中にかいてしまう可能性もあるので、手袋をして寝たり、爪は短く切りそろえていくなどもでしょう。